オフィシャルブログ

二種免許を取得する際に大変だったこと

おはようございます、吉村です。昨日のブログ書けなかったため、今日は2本書きます。

今日は二種免許を取得する際に大変だったことについて書いていきたいと思います。

まず、二種免許の取得方法についてですが、免許センターに直接受けにいく俗にいう一般と

自動車学校を卒業して、学科試験に臨むパターンに分かれます。

確実な道を選ぶなら、自動車学校卒業してから学科試験に臨んだほうが良いですよね。

自動車学校も費用がそれなりに掛かります。ざっと約20万円かかると思っていてください。

20万円って結構な負担です。その負担を軽減してくれる制度があるんです。

教育訓練給付金制度というものがあり、現在お勤めされている方や離職されている方が、

最初に費用を全額負担して自動車学校を卒業した場合、支払った経費の一部が

戻ってくる雇用保険の給付制度のことをいいます。

教育訓練給付制度の受給資格として

1.(給付制度利用が初めての方)現在お勤めで、雇用保険に1年以上加入している方。

2.(給付制度利用が2回目以降の方)現在お勤めで雇用保険に3年以上加入している、

前回の利用から3年以上が経過している方。

3.(給付制度利用が初めての方)以前、会社や派遣会社などで働かれていた方で、離職した日

から1年以内かつ前職で1年以上雇用保険に加入していたことがある方。

4.(給付制度利用が2回目以降の方)会社や派遣会社などで働かれていた方で、離職した日

から1年以内かつ前職で雇用保険に3年以上加入している、また前回の利用から3年以上

が経過している方。

詳しいことはハローワークに直接問い合わせてみてください。

教育訓練給付制度で、費用はどれくらい戻ってくる?

自動車学校での教育訓練給付の対象となるものは以下の通りです。

以下の費用の合計金額の20%が後日戻ってきます。(上限10万円まで)

・入学金

・適性検査料金

・教本代

・学科教習料金

・技能教習料金

なお、給付対象外となるものもありますので、参考としてご覧ください。

・証明写真代

・卒業検定料金

・追加教習料金

・再検定料金

教育訓練給付制度を使った申し込みや各種手続き

①ハローワークで、教育訓練給付金支給要件照会表を提出し、受給資格の確認手続きを

行い、回答書を受領する。

②自動車学校に回答書を持参し、入校手続き後、教習を受講する。

※領収書を入学金、教習料金、教本代、適性検査料金のみのものを用意してもらう。

卒業検定合格後、修了証明書を受領する。

③ハローワークで給付金の支給申請を行う。

※修了証明書、領収書、給付金支給申請書を提出。

※卒業検定合格した翌日から起算して1カ月以内に申請!

④指定した口座のある金融機関に、給付金が支給される。

 

自動車学校を卒業したならば、あとは学科試験対策です。

ひたすら問題を解いてください。わからないところはわかるまで繰り返すと、

点数に反映されます。自動車学校を卒業してから一日も早く免許取得

したいと思っている方がほとんどだと思います。

お忙しい中、勉強するのは大変ですが、スキルアップの為にぜひとも

トライしていただきたいですね。

今日のブログ読んでいただきありがとうございました。